毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

天然素材 ハッカ油の虫除けスプレー。赤ちゃんに優しく、虫には厳しく。

虫の季節がやってきました。

 

***

 

こどもたちの血はおいしいらしく、まだ、夏のはじまりのこの時期から、蚊に刺されまくり。体質的なのか、ただの蚊とは思えないくらいの腫れあがりかた。かわいそう・・・。

 

寝てる間に特に、餌食になっている子供たち。長男(6歳)長女(4歳)はそれなりに大きいので、お出かけの際は、普通の虫よけスプレーでよいのですが、ベビーがいる室内にはあまり使いたくないなぁと思っていました。

 

そこで見つけたのは天然素材 ハッカ油の虫よけスプレーのこと。ハッカソウというミントで作られたハッカ油。ハッカ飴など食べることもできる天然素材のこちらなら、こどもたちにも優しそうということで手作りしてみました。(こちらのサイトを参考にさせてもらいました)

 

www.hakkayu.jp

ハッカ油虫よけスプレーを作ってみよう

必要なもの

・ハッカ油       5~10滴

・無水エタノール    10mL(約9g)

・水(精製水)                  90mL(90g)

・スプレーボトル              100mL タイプ

 

・ハッカ油

 ドラッグストアで700円くらいで購入。今まで気にしてなくて知らなかったのですが、どこでも売ってるんですね。簡単に手に入ります。

【食品添加物】ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)

【食品添加物】ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)

 
北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

 

 

・無水エタノール

 旦那様が掃除用に購入していたのを、拝借。こちらもドラッグストアで購入できます。ハッカ油が水で分離しないように使うようです。(使用するたびに振って混ぜれば、無水エタノールが不要という方もおられるようです)

無水エタノールP 500ml(掃除)

無水エタノールP 500ml(掃除)

 

 

・精製水 

こちらもドラッグストアで購入できます(100円くらい)。我が家は水道水でも特に気ならないということで、水道水で作りました。

【第3類医薬品】精製水 500mL

【第3類医薬品】精製水 500mL

 

・スプレーボトル

100均一で購入。1週間から10日で使いきったほうがよいということなので、小さ目サイズの100mLタイプと携帯用に50mLタイプを購入。素材はPETを選びました(ラベルに書いてあります)。ハッカ油はPS(ポリスチレン)を溶かしてしまうようなので、素材には注意しましょう。 

 

lohaco.jp

 

 

作り方

キッチンスケールの上で作れば、らくちん。

・スプレーボトルに無水エタノールをいれる(約9g)

・ハッカ油をお好みにあわせて数滴(5~10滴)。

(匂いがきつすぎる場合もあるので、少量からスタートするほうがベター)

・ボトルを振って、ハッカ油をエタノールに溶かす

・水を加える(ボトルサイズが100mLであれば、いっばいになるまでいれればOK)

これで出来上がり。とっても簡単。

 

使い方

我が家では網戸やカーテンにスプレーしています。こまめにスプレーしないと効果がないということなので、窓際にスタンバイ。気づいたら、シュッシュしてます。いい香りでリフレッシュ。

 

あとは、ベビーカーや抱っこ紐など、ベビーまわりのおでかけグッズにスプレー。刺激が強すぎる場合があるということなので、今のところベビーに直接は使用していません。

 

本格的な野外へのおでかけには、洋服に貼る虫よけも使おうと思いますが、頻繁に使うと結構コストがかかるので、近くのお散歩レベルならベビーまわりの布グッズへのハッカ油スプレーで様子見する予定です。 携帯サイズでも作ってみたので、おでかけにも持ち歩き中です。

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

 

 

最後に

最近、ハッカ油スプレー生活を始めたので、まだ効果のほどはまだこれからですが、いい香りで癒されているのは確かです。ベビーとの引きこもり?生活には、小さな癒しが大切ですからね。

 

天然素材とはいえ、正しい使い方は大切。ルールは守ってご使用くださいね。

www.hakkayu.jp

 

しばらく使ってみて、またレビューしようと思います。

 

ハッカ油さん、虫には厳しく、お願いします!