毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

弟、妹を迎える時に読みたい絵本

我が家の長男は5歳、長女は3歳。

 

長女が生まれた時、長男は2歳だったので、あまり、赤ちゃんを迎えるということが、理解できていないようでした。

 

ですが、今回は、長男も5歳、長女も3歳で、保育園でも赤ちゃんと触れていることもあり、理解できている様子。

 

これから妹を迎えて、複雑なとき。

生まれてくる赤ちゃんもそうだけど、あなたたちが生まれてきた時も、嬉しかったことを伝えたい。

 

そんな気持ちがうまく伝わって欲しいと思い選んだ絵本たちを紹介したいと思います。

 

おへそのあな

おへそのあな

 

大好きな長谷川さんの絵本。

 

www.tantan0aiai.com

家族が心待ちにする姿を赤ちゃんがおへそのあなから見てるというお話。

最後につぶやく赤ちゃんの「あしたうまれていくからね」というフレーズがとても印象的。お腹の中でいつこの言葉をつぶやいているんだろうと想像して、ドキドキ過ごした臨月でした。

 

あやちゃんのうまれたひ (こどものとも傑作集)

あやちゃんのうまれたひ (こどものとも傑作集)

 

こちらも赤ちゃんを待望に待つ家族の数日を描いた絵本。今回、出産の時の日記をつぶさにつけました。いつか話して聞かせてあげたいです。

 

赤ちゃんのはなし (福音館の科学シリーズ)

赤ちゃんのはなし (福音館の科学シリーズ)

 

こちらは科学的に赤ちゃんが育つ姿を描いた絵本。小さな命の粒から成長していく姿はとても神秘的。子供達にはちょっと難しかったかもしれませんが、少しは理解できたかな。改めて生命は奇跡なんだと実感します。大人もぜひ読んで欲しい一冊です。

 

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

 

こちらは、お母さん、お父さんへの絵本。お姉ちゃんになった女の子の複雑な気持ちを描いています。

実は長女は絶賛赤ちゃんがえり中。赤ちゃんが可愛いと思いつつ、意地悪してしまう日々。長女に困る気持ちを受け止めきれない時、読み返したい一冊。

 

大丈夫やで 〜ばあちゃん助産師(せんせい)のお産と育児のはなし〜

大丈夫やで 〜ばあちゃん助産師(せんせい)のお産と育児のはなし〜

 
大丈夫やで2 ~ばあちゃん助産師(せんせい)の産後と育児のはなし~

大丈夫やで2 ~ばあちゃん助産師(せんせい)の産後と育児のはなし~

 

これは、出産を控えたお母さん、お父さんへの一冊。絵本ではないけど、おススメしたい本です。

初めての出産でナーバスな時、たまたま本屋さんで出会いました。

長年、出産を見守ってきたおばあちゃん助産師さんの「大丈夫やで」という言葉に、勇気をもらいました。今回の出産時と読み返したお陰か出産までの日々は心穏やかに過ごせました。とは言え、出産の最中はその余裕はなかったですけどね。

ちなみに、この本はぜひお父さんもぜひ読んで欲しいです。出産は家族で乗り越えるんだと実感できると思います。

 

この絵本たちで、どこまで子供達に「生まれてきてくれてありがとう」が伝わったかわかりません。きっと、これからもずっと伝え続けていくことなんでしょうね。