毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

どんぐりころころ

昨日、保育園のお母さん達の話題は、子供達が拾ってきたどんぐりをどうするか?でした。

f:id:tantan0aiai:20181023075400j:image

秋のこのシーズン。どんぐりバッグを手作りし、そのバッグいっぱいにどんぐりを集める子供たち。

 

こんなに拾ったよーと嬉しそうな息子を前に、どうしたものか…と戸惑う私。

 

なんと、お母さんの中には、食べみる???という案も飛び出していました!

 

絵本の中のネズミ達は、美味しそうなどんぐりパンを頬張っていますが、さすがに勇気がありません…。

14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)

14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)

 

そんな時、思い出したのが、どんぐりポストです。

 

今年もどんぐりポストを開設しました|動物トピックス|野毛山動物園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

野毛山動物園に設置されているもので、このポストにどんぐりをいれると、動物達のエサになるそうです。

 

調べてみると、野毛山動物園だけでなく、他にも設置してあるところはあるみたい。

どんぐりポスト - Wikipedia

 

捨てるのは納得してくれなくても、動物達のごはんになるんだよと言えば、納得してくれそうです。

 

集めたどんぐりを色々調べてみるのも、楽しいかも。

【配布資料】これは何の木のどんぐり? - オフィシャルPro|NACS-J

 

ちなみに、野毛山動物園は、園内もどんぐりいっぱいなので、どんぐりを渡すだけでなく、ますます、どんぐり集めに拍車がかかる危険もあります…。

 

とはいえ、この時期の楽しい遊びを子供と楽しみたいなと思う秋の初めの出来事でした。