毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

フードなし!やっと見つけたキッズ用アウター。

保育園や幼稚園に通う年頃の子供達を持つお母さんたちは、アウター選びに困っておられないのでしょうか?

 

我が家の子供たちが通う保育園は、フードつきの服は禁止です。フードが遊具に引っかかって、首がしまるなどの危険があるから。

 

保育園でなくても、外遊びをする際は危険は避けたいので、フードなしのアウターにしたいと、色々探すのですが、これが意外と見つからない。

 

毎年フードなしアウター難民でしたが、今年はやっといいものが見つかりました。

 

ユニクロのこちらのアウターです↓

ユニクロ|ライトウォームパデットコンパクトジャケット||公式オンラインストア(通販サイト)

f:id:tantan0aiai:20181018074759j:image

 

選んだポイントはたくさん。

 

フードがない

f:id:tantan0aiai:20181018055847j:image

もちろん最大の決め手はこれ。フードなしアウターって、ニーズはあると思うのですが、あまりないのは、なぜなんでしょう?我が家の場合、フードまでかぶるシチュエーションもあまりない…。確かに、フードなしは少し野暮ったい感じがするのは否めないので、それが理由?

 

だけど、こちらはノーカラーで、ちょっと大人な雰囲気。ボートネックやマフラーとの相性も良さそうです。逆に、首まわりに服が当たるのが気になる子供達にもぴったりです。

 

コンパクトに収納出来る

f:id:tantan0aiai:20181018075422j:image

付属のポケットに、こんな風にコンパクトに収納できます。かさばらないので、旅行や帰省、アウトドアにもってこい。

 

真冬も暖かい車内やショッピングモールなどでは、子供はアウターを脱ぎたがるもの。そんな時もコンパクトになるし、軽いのはとっても便利です。

 

適度な厚み

うちの子の場合、もこもこなアウターを嫌がります。どうやら動きにくいらしいです。

 

真冬でも、 外を走り回る彼らには、厚すぎるアウターは、不要のようです。

 

真冬はインナーで調整すれば、オールシーズンいけそうです。

 

シンプルなデザイン

f:id:tantan0aiai:20181018075855j:image

無地で、ポイントもないシンプルが故に、どんな服にでも合わせやすいデザイン。

 

我が家は息子にはカーキを、娘には白を選びました。スモーキーなカーキは秋冬にぴったり。スモーキーなピンクも良かったのですが、娘はピンク好きすぎて、全身ピンクになりそうだったので、白にしてみました。洗濯機で洗えるので、汚れた時も大丈夫そうです。

 

というわけで、やっと見つけたフードなしのキッズ用アウター。

 

難民からやっと脱出できたので、毎年の定番で作って欲しいと切に願うお母さんなのでした。