毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

新幹線の工場見学。大人だって、ワクワク。

新幹線の工場見学。

大人だって、ワクワクするこの響き。

 

2018年9月16日に、浜松にある新幹線車両基地の工場見学イベント「新幹線 なるほど発見デー」が開かれます。

f:id:tantan0aiai:20180807083934j:image

http://recommend.jr-central.co.jp/naruhodo/index.html

 

来年は7月に行われていたこのイベント。今年は9月になったようです。

 

多分、7月の開催は熱中症などで、危険だと判断されたのだと予想してます。工場なのでほぼ屋外ですし、並ぶことも多いイベントなので、懸命な判断だと思います。実際、7月に見学した時、当時一歳の息子が熱中症になったかも!と冷や汗をかいた記憶が…。

 

とはいえ、今年の猛暑は予想以上なので、まだ9月でも暑いかもしれません。その上、例年2日間のイベントが今年は1日だけ。混雑は必須と思われますので、ご用心。

 

いろいろ脅してしまいましたが、新幹線の舞台裏が間近に見れるこのチャンス。

 

イベントそのものは、たくさんのプロの方にお任せして、子供連れのポイントを中心に、2015年に参加した経験をもとにレビューしたいと思います。

 

 

予約

イベントには予約が必要なものがたくさんあります。ドクターイエローの内部見学なんて、想像しただけでも、おもしろそう!

 

まだ、子供がまだ一歳だったので、申し込みませんでしたが、今度は挑戦したいです。

 

イベントごとに、対象年齢が決まっているので、チェックをお忘れなく。

http://recommend.jr-central.co.jp/naruhodo/event.html

 

↓こちらは2016年まで行われていた吊り上げ実演。このイベントはなくなったようですが、代わりに新イベント盛りだくさんのようです。

f:id:tantan0aiai:20180813083453p:image

 

アクセス

はっきりいって、大混雑です。浜松駅に着いた途端の大混雑に面食らいました…。

 

無料シャトルバスも1時間ほど並ぶという噂でした。待つのが大嫌いな旦那さんは行きたくないと言い出す始末。

 

なんとか説得し、駅周辺をフラフラしつつ流しのタクシーを拾って、なんとか到着。

 

帰りのバスも大混雑だったので、タクシーを選択。子供連れは必須経費と割り切って、タクシーというのも1つの手です。

 

ツアー

ちなみに、こんな混雑を尻目にスマートにアクセスする方法があります。それは、新幹線に乗って、そのまま工場に行くというウルトラCです。

http://recommend.jr-central.co.jp/naruhodo/

 

友人から後日、このツアーで行ったよと聞いてびっくり!なんと、そんな手があったのか…。

 

新幹線に乗って、踏切を通るという貴重な体験もできます。スペシャルな工場見学にするには、このツアーもいいですね。

 

ごはん

会場内には軽食の販売がありましたが、例にもれず混雑していました。

 

このイベントに限らず、混雑は子供連れの大敵。

 

・おにぎりな手軽なものを持参して、とりあえずの空腹を満たす。

・レジャーシートは常に持ち歩いて、適当なところで休憩する。

は我が家の鉄則。

 

おにぎりで足りない分は、適当に買って補充。お腹が多少なりとも満たされていたら、多少の行列は耐えられますもんね。

 

ちなみにレジャーシートは景品でもらったペラペラなもの。ピクニックではないので、こんなもので十分。かさばらず軽量であれば、常に持ち歩けます。

 

とイベントごはんのおはなしをしましたが、実は今回は浜松だったのでせっかくならばと奮発して、お店でうなぎを食べました…。

 

駅近くのこちらのお店。

食堂のご案内 | 浜名湖うなぎ 丸浜|浜名湖養魚漁業協同組合(公式)

 

リーズナブルなお値段で(とはいえ、うなぎなので高い!)、美味しくいただきました。

唯一誤算だったのは、当時一歳の息子がめちゃめちゃ食べたこと。一歳でも、美味しいものはわかることを知った出来事でした。

 

楽しく学べる新幹線の工場見学。

大人も子供も、ワクワク、そして、なるほどを発見してみてくださいね!