毎日をSpecialに!

子供と暮らす毎日をもっと楽しく

太陽の塔にて思うこと。元始、女性は太陽であった

帰省先から万博記念公園に行ってきました。

万博記念公園

f:id:tantan0aiai:20180106070709j:image

これは言わずと知れた太陽の塔。

今でもすごいインパクト!万博が開催された50年近く前のインパクトは計り知れません。

 

このインパクトに刺激されたのか、思い出したのは、「元始、女性は太陽であった 」という平塚らいてうの言葉。女性の解放運動家であった彼女が、女性が太陽のように自らの力で光輝くことを目指して綴った言葉。高校の卒業式の式辞でこの一節が引用されていて記憶に残っていました。

 

 たしかに太陽の神様とされる天照大神も女性だし、母なる太陽と言ったりもしますよね。

 

 私の憧れの「せんたくかあちゃん」もとても太陽が似合う人。

「せんたくかあちゃん」になりたい - 毎日をSpecialに!

 

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

せんたくかあちゃん (こどものとも傑作集)

 

 太陽の塔を見上げ、太陽みたいな母ちゃんになりたいなぁと思った一年の事始め。もちろん毎日、晴天とはいかないけど、やっぱり温かく強くありたい。太陽を見上げたら、その気持ちを思い出しながら、毎日進んでいきたいこの一年です。

 

さてさて、話はそれましたが、肝心の万博記念公園。一度では遊びきれないほどの広大な公園です。おかげで、こども達がどんなに走り回っても、全然問題なし。寒空の下、お正月らしく凧もあげることができました。

 

コースはこんな感じ。

おもしろ自転車

万博おもしろ自転車広場 | 万博記念公園

変わった自転車にのって走るスペース(有料)大人は物足りないですが、小さい子供は十分楽しんでいました。一人乗りから4人乗りまでいろんな種類があります。

 

船の遊具

 船の遊具「エキスポみらいgo!」 | 万博記念公園

船に見立てた遊具。その場で友達になった男の子と海賊船に見立てて大はしゃぎで遊んでいました。こちらの広場前の休憩所(REST HOUSE KIDS PARK)にてお昼ごはんを食べました。お隣のEXPO 70パビリオンには広くてきれいなトイレがあり、便利。

EXPO'70パビリオン企画展等運営事業共同企業体は大阪府吹田市にあるEXPO’70パビリオンの企画運営を行っています。

まだ子供が小さいので行きませんでしたが、万博の資料が残るパビリオンはとても面白そうでした。入り口には、万博の思い出を書くコーナーがあり、万博の建物に感動し、建築士を志した人のメッセージなど様々な人からのメッセージがありました。息子たちにとっては、TOKYO オリンピックがそのような存在になるのかな?

 

ソラード(空の空中観察路)

ソラード ( 森の空中観察路 ) | 万博記念公園

f:id:tantan0aiai:20180107132129j:image

森の中の散策路。散策路の最後には展望タワーがあります。そこからの眺めは最高です。

f:id:tantan0aiai:20180107140149j:image

 

わくわく冒険広場

わくわく池の冒険ひろば | 万博記念公園

トランポリンや山型の滑り台など珍しい遊具でひと遊び。残念ながら小雨が降り出したので、この遊具を最後に帰路につきました。

 

お土産 (岡本太郎の鯉のぼり)

公園入り口近くのお土産ショップ(ROKI STORE )で岡本太郎グッズを購入。念願の「太郎鯉」です。

 

f:id:tantan0aiai:20180107140218j:image

 息子の鯉のぼりを探していた時に、岡本太郎がデザインした鯉のぼりに一目惚れ。探しまくったのですが、もう売ってない代物…。オークションでもプレミア価格がついていて、手が届きません。

こどもの日は岡本太郎のこいのぼりで初節句 [ベビー用品] All About

代わりに見つけたのがこの鯉が描かれた手ぬぐい(1512円)ずっと欲しかったこれがゲットでき、大満足!

 

節句までにかっこよく飾るつもりです。

↓関東でしたら岡本太郎記念館や川崎市岡本太郎美術館で買えますし、通販もあるそうです。

ようこそ岡本太郎記念館へ!

川崎市岡本太郎美術館

現代芸術アトリエ

 

というわけで、大満足の万博公園。

 

この3月からは修復された太陽の塔の内部の公開が始まるそう。

「太陽の塔」公式サイト(大阪府日本万国博覧会記念公園事務所)

季節ごとに花も楽しめるし、博物館に日本庭園など、まだまだ見どころいっぱい。

 

大阪といばUSJもいいけど、万博公園もおススメ。安いの楽しめる。なんてったってコスパ最高やで!と関西なノリでお伝えしました。